網戸の取り付け方法は?簡単にできるコツ

網戸を取り付けたいのに方法って意外と難しいですよね!
サッシにうまくはまらないことがあり、イライラ。

網戸を取り付ける方法というのは知らないとなかなか難しいですが、一度わかってしまえば簡単です。

初心者の方や力のない女性にもわかりやすくできる網戸の取り付け方法を紹介します。

Sponsored Links

網戸の取り付け方 こうしてすると簡単

網戸の取り付け方はものによって種類がありますが、基本的には同じであり、まずは一般的なものを紹介します。
まず、網戸や窓というのは上から入れ込みます

障子や襖も同じように上から取り付けるので覚えておくと便利です。
網戸を上の方を入れたら次は下を入れ込みます。

 

なかなか網戸が入らない場合

網戸の形が少し変形して入りにくい場合もあります。
網戸によっては上下に長くてたわみやすい大きなものは、下側にあるプラスチックの戸車の高さを調整できるようになっています。

なので、あらかじめ調整して入れやすいようにしましょう。
多くの網戸では側面側のレールの近くにネジがあります。

そのネジをドライバで回すことで戸車が中に引っ込んでいきます。
そうして、戸車を引っ込ませたら簡単に網戸を入れることができるので、はめ込みましょう。

網戸をはめ込んだ後は先ほど緩ませたネジを反対に回して戸車をはみ出させるようにしてレールに合わせます。
そうすることで網戸の取り付けは完了です。
ポイント

・まずは上からはめ込む
・側面のネジを回して戸車を上げる
・網戸の下側もはめ込む
・側面のネジを締める


 

網戸の取り付けるときの注意点

網戸を取り付けるのは外側でやることになるので風が強い日はおススメしません。
風が穏やかな日に網戸の取り付けを行いましょう。

ポイント
・先に下にある戸車を両方とも上げる。
・風のない日に取り付ける


網戸の取り付け方法は簡単なので、ほとんど注意事項はありません。
ただ網戸のほとんどの戸車は左右にあります。
先に両方戸車を上げておくことでスムーズに取り付けられます。

なかなかはまらない場合はココをチェック


ここまでは簡単な網戸の取り付け方法を紹介しました。
しかし、なかなかはまらない場合もあるでしょう。
そんな時はいくつかチェックする項目があります。

 

レールの確認

まず網戸のレールがあるかどうか確認して下さい。
網戸が取れた時などにレールも取れていたり、壊れていることがあります。

レールが壊れていては仮に取り付けたとしても、また外れてしまいやすくなるので新しいのを買い替えましょう。
また、通常の窓はサッシの一番外側に網戸レールがありますが、それが元々ないものもあります。
網戸のレール自体が無いものは一人でやることはできません。

窓枠工事を依頼して業者にやってもらいましょう。
さらにもう一つのケースとして、網戸レールよりも窓ガラスのサッシが出っ張っている場合もあります。
網戸レールの上部分の幅が狭いなど窓枠やサッシの状態により取り付けが困難な場合も業者に頼みましょう。

 

網戸レールが変形しているかの確認

網戸をはめこむ場合は当然ですが、形が合わなければ取り付けることはできません。

地震や外れて落としてしまった時の衝撃で網戸レールが曲がっていたり歪んでいたりすると取り付けることが困難になるでしょう。
少しくらいの歪みなら引っかかる程度ですが、大きく歪んでいる場合は新しく網戸自体を買い替える必要があります。

 

窓の形が特殊

網戸がはまらない場合のケースとして網戸に問題がある可能性が多いですが、特殊なケースとして窓の形自体が特殊な場合です。
オシャレな家であればあるほど窓の形も円形になっていたり、変わった形をしていることも多いでしょう。
その窓の形によって網戸の種類も違ってきます。

例えば玄関や勝手口にはアコーディオンタイプが便利です。
折りたたんで収納ができます。
また、網戸レールをつけられない窓にはロールスクリーンタイプなどもあるので、特殊な窓であればこちらも業者に頼んだほうがいいでしょう。

・レールがあるかどうか確認する
・網戸自体や網戸レールが歪んでいないか確認する
・窓が特殊なものじゃないか確認する

 

網戸を閉めてもずれるのは?調整方法を確認

網戸をハメても何度も外れてしまう場合は戸車の止めているネジが緩んでいるか、そもそもネジを締め忘れていた可能性もあります。
ネジが緩みにくい場合があるのでそんな時は男性にやってもらいましょう!

 

網戸レールの位置の違いが問題

基本的に網戸の戸車は側面についています。
ですが、一部のマンションやアパート、またビルやプレハブで使われている網戸には戸車が側面ではなく網戸の枠の表面についている場合もあります。
場所が変わっていてもネジを調節して緩めて入れる手順は変わりません。
なので、焦らずに側面か枠の表面に戸車が無いか確認しておきましょう。

 


 

 


今回は網戸の取り付け方の方法を紹介しました。
網戸は上から付けて後は戸車の部分にあるネジを緩めてから取り付けるだけです。
ドライバーがあれば女性でも簡単にできます。

ただ風がある時は風にあおられて危ないので注意しましょう。
私もあまり普段しょっちゅう取り付ける経験はないので、久しぶりにやると焦ってしまいますが、丁寧にひとつずつやることで簡単に取り付けが可能でした。
大掃除など年に数回は網戸の取り付けを行うことになるので、これを機に覚えておくと今後も役立つのでおススメです。

Sponsored Links