ワインコルクの開け方!失敗した場合はこちらから

ワインコルクを開けるのは、緊張してしまいますよね。
失敗しない開け方ってあるのでしょうか。

失敗して焦ると、コルクがボロボロになってしまって、途方にくれてしまいます。

ワインを水代わりのように飲む国の方々には日常のことですが、私たち日本人にとっては、ワインコルクは、なかなかのやっかいものです。

でも、大丈夫です。
簡単に使えるワインオープナーがあります。

もしも失敗してしまっても、そのワインはちゃんと飲めます。
ワインを開けるのに、ストレスを感じる必要はありませんよ。

ワインコルク抜けない!力の弱い人の抜き方は?

力が弱くても使えるワインオープナーを紹介します。
これを使うとコルクがボロボロになる心配はありませんよ。

 

電動ワインオープナー


ワインにセットするだけです。
全ての動作が電動なので、コツも力もいりません。

 

ガス式オープナー


コルクに差し込んだ針からガスを注入してコルクを持ち上げます。

 

レバー式コルクスクリュー

スクリューをコルクに差し込み、取っ手を回してコルクを少し持ち上げ、レバーを操作して抜きます。

 

スクリュープル型

セットして頭の部分を回すだけです。

 

途中でワインコルクが割れて失敗!そんな時は?

差し込んだスクリューが抜けてしまって、もうオープナーが使えない!!
こういうこと、本当によく起こります。

そうなったら、もう、コルクを瓶の中に押し込んでしまえばいいのです
コルクがボロボロだと破片が浮いてしまうかもしれませんが、茶こしで濾して注げば問題ありません。

ワインコルクを抜きやすくする道具は?

ワインオープナーがないとき、この道具を用意しておけば何とかあけることができます。
もし何もない場合は、この方法でやってみてくださいね。

 

ネジとドライバーとペンチ

ネジを、ドライバーでコルクに差し込みます。

しっかり刺さったら、ペンチでコルクごと抜きとります。
ペンチの代わりにフォークをネジの頭にひっかけてもOK

 

細いナイフ2本

コルクを挟むように、瓶とコルクの間にナイフを2本差し込みます。
ナイフで挟んだまま、回転させるように上へ持ち上げます。

瓶に刃物をあてるので、けがのないように注意してください。
同じ原理で「はさみ型のワインオープナー」もあります。
このやり方は、ナイフでもオープナーでも、ちょっと難しいです。

 

道具がない場合はどうすればいい

瓶を靴に入れて、そのまま靴の底を壁などに叩きつけると、コルクが少しずつ上がってきて抜けるようになります。
叩きつけられた中の液体が、作用反作用の力で戻ったときに、コルクを押し上げるのです。

瓶の底を割れないようにしっかりカバーできるものであれば、靴でなくてもOKです。
でも、叩きつけるのに、かなり力が要ります。

 

ワインコルクの戻し方 逆さに入れても大丈夫?

ワインのコルクは、ぎゅっと凝縮されて栓になっているので、抜いた時に膨張します。
飲み残したりして、もう一度コルクで栓をするときは、逆さにして反対側を入れた方が挿しやすいです。

それでも、しっかり栓ができないときは、別の容器に移したり、または、中の空気を抜いて栓ができるワイン用のワインセーバーを使ったりしましょう。

 


 

 

ちょっとやっかいなワインコルクの開け方。
簡単に使える、ワインオープナーを用意しておくといいですね。
よく見るT字型のオープナーでは、力も要りますし、コルクが折れてしまうこともあります。
電動式オープナーや、スクリュープル型が使いやすいと思います。

コルクが折れてしまったり、ボロボロになってしまったら、抜くのはあきらめて押し込んでしまいましょう
茶こしで濾せば問題なくおいしくいただけます。
茶こしがなければ、キッチンペーパーでも濾せます。

野外などでオープナーがない時、もしもネジとドライバーが周りにあったら、割と簡単に開けられます。
何もなければ、瓶を靴に入れてそのまま靴底を壁などに叩きつけましょう。
きっとなんとかなりますよ。