貴金属の意味とは?種類は何があるの

街中で「貴金属の買取」とありますが、貴金属とはどういう意味でしょうか。
金や銀、プラチナは貴金属とわかりますが、ほかにはどんなものがあるか知っていますか?

調べてみると意外と知らない点がたくさんあります。

貴金属といわれるものについて詳しくみていきましょう。

Sponsored Links

貴金属の意味って

一般的には、金、銀、プラチナなどの貴重で高価な金属のことです。

ただし、化学的には、金、銀、白金(プラチナ)、ルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウム、の8つの元素をさします。
金、銀以外の6つの元素は、白金族でプラチナの仲間です。

金、銀、プラチナは、ジュエリーの主材料になります。

ルテニウム、パラジウム、イリジウムは、主材料に割り金(わりがね)として配合され、ジュエリーの素材になります。
ロジウムはメッキの材料になります。

 

貴金属の種類ってどんなものがあるの?

純度100パーセントの金、銀、プラチナは、柔らかくて加工に適しません

強度を増したり、違う色の風合いにするために別の金属(割り金)が混ぜられます。
それによっていくつかの種類ができます。

 

(割り金・・・銀、銅、パラジウム、ニッケル、亜鉛など)
イエローゴールド
ホワイトゴールド(プラチナに似た色調)
ピンクゴールド
グリーンゴールド
ブラックゴールド  など

どれが価値が高いかというと、ジュエリーならば、価値はそのデザイン・ブランドによって決まります
量がジュエリー程度なら、金属としての価値には大差ありません。

 

(割り金・・・銅、パラジウムなど)
 スターリングシルバー シルバー925 やや黒っぽい
 多くのシルバーアクセサリー

ブルタニア    シルバー950 ハンドメイド作品の素材など
コインシルバー  シルバー900が使用された古いコインを溶かしたもの
ジャーマンシルバーシルバー800 筆記具やカトラリー(ナイフ、フォークなど)

その他、混ぜる金属によって色味を変えた、ピンクシルバー、プラチナシルバー、グリーンシルバーなど。

多くのシルバーアクセサリーは、高度も重さも適度なシルバー925です。

 

プラチナ

(割り金・・・パラジウム、ルテニウム、イリジウム、銅、コバルトなど)
ハードプラチナ  硬化剤として他の金属を加えたもの

ブランドによってハードプラチナの定義は違うようです。
同じ純度のものでも、ハードプラチナと、そうでないものにわかれます。

貴金属についている刻印の意味は?

含有率(がんゆうりつ:どのくらい含まれるか)を表します。
例えば“K18”は、金の含有率は75パーセントで、残り25パーセントは割り金です。
形状によっては打刻が難しいものもあり、刻印がないものは偽物、ということにはなりません。

 

金の含有率

“K24”純金 

“K18”“750”75パーセント ジュエリーに使われます。
など

“K”は「Karat(カラット)」の頭文字で、金の純度を24分率で表した単位です。
宝石の大きさを表す「Carat」とは違います。
“GP”“GF”などは、それぞれ、メッキ、金張りメッキを表し、金としての価値はありません。

 

銀の含有率

“silver1000”99.9パーセント以上 純銀

“silver950”95パーセント 柔らかくて加工しやすいのでハンドメイド用に

“silver925” “SV925”“STERLING” 92.5パーセント ジュエリーに使われる

“silver900”“SV900”“COIN” 90パーセント

“silver” 純度明記なし
など

“SILVER PLATED”や“SP”はメッキをのことですので気をつけてください。
また、“NICKEL SILVER”はニッケルと亜鉛で作られた乳白色の合金です。

 

プラチナ

“Pt1000” 100パーセント(正確には約99.9%)

“Pt950” 95パーセント ジュエリーに使われます。

“Pt900” 90パーセント ジュエリーに使われます。

“Pt850” 85パーセント
など

“Pt100”は、プラチナがごくわずかしか含まれていないか、まったくプラチナではないものです。

“Pm”は、“Pt”より古い刻印で、信頼できない場合があります。

 

貴金属と卑金属の違とは?

卑金属は、貴金属の対義語です。

つまり、貴金属以外のすべての金属を卑金属といいます。
貴金属が、化学的に安定していて腐食や錆に強い金属であるのに対し、卑金属は、化学的に活性が高い金属です。

また、貴金属の産出量が少なくて希少価値があるのに対し、卑金属は大量に産出されます。

卑金属を人工的に貴金属に変える技術を錬金術(れんきんじゅつ)といい、古(いにしえ)の人々の盛んな研究は近代化学の基礎へとつながりました。

 

貴金属の比重はどれが重い


比重とは、4℃の水の密度「1」を基準とした比で、金属の鑑定にも使われます。

比重を測る比重計があれば、刻印がないものでも判別することができるので、貴金属買取のお店には必ず置いてあります。
金の比重はおよそ19.3で、鉄の2.5倍ほどもあります。

「金の延べ棒」は重いのです。

銀は約10.5、プラチナは金よりも重く、約21.5です。

割り金が、金、銀、プラチナよりも比重が軽ければ、純度が高いほど比重が重くなります。

 


 

 

貴金属の種類と刻印について詳しくみてきました。
一般的に貴金属と言われるものは、金、銀、プラチナです。

金、銀、プラチナともに純度100パーセントのものは柔らかくてそのままではジュエリーなどへの加工ができません。

強度を増して加工しやすくしたり、色味を変えるために混ぜられる割り金の割合によって、いろいろな種類があります。
刻印は、その金属の純度、つまり含有率を表します。

また比重が重いほど、純度100パーセントに近くなります。

ジュエリーの価値は、素材だけでなく、そのデザインとのコンビネーションで決まります。
素材とその特性を知ったうえで改めてデザインを見直すと、新たな思いが生まれるかもしれませんね。

Sponsored Links