クーラーボックスの保冷力を高める3つのポイント!

野外のBBQキンキンに冷えた飲み物で

「カンパーイ]

ワイワイしてもう一杯飲もうかなと思ったら、

温い ヌルイ(- -;

これを機に飲み物用のクーラーボックスを用意するようになった管理人のTakaです。

Sponsored Links

せっかく楽しいBBQなのに温い飲み物だとテンションが下がりますよね。

そこで、クーラーボックスの保冷力効果を高めるポイント3つ紹介します。
では見ていきましょう。

保冷力効果を高める方法1

保冷力のある保冷剤

保冷力を高めるには性能の良いクーラーボックスを使うのが一番ですが、、、
保冷剤によってもクーラーボックスの保冷力違いがでます!

保冷剤にはたくさんあります。牛乳パックを使う方法や保冷剤がありますよね。
牛乳パックはクーラーボックス内がビチャビチャになるのでおススメしません。

いつもお世話になっている、抜群に保冷力があるものがあります。

マイナス16度まで冷やすことができ保冷時間も長持ちします。
使える状態になるまで、冷凍庫で2日かかってしまうのがデメリット

あとどれくらいの保冷剤を入れるべきか悩みますよね。
8リットルのクーラーボックスで600gの保冷剤が最適といわれています。

16リットル≒1200g

保冷力を高める方法2

開閉は最小限

せっかく保冷効果を高めるクーラーボックスでも何度も開け閉めをしてしまうと、冷蔵庫と同じで冷気が逃げてしまいます。

梱包などで使うプチプチをクーラーボックスを開けた上においておくと効果的です。
これです。
プチプチ

極力開けないようにすることが大切。

管理人Takaはよく開ける飲み物と食材のクーラーボックスを分けて使っています。

保冷力を高める方法3

直置き禁止

クーラーボックスが活躍する時期って夏の暑い時期ですよね。昼間になると30℃を余裕で超えますよね。

日陰になるところにおいておくことが一番最初に思いつきます。
それも重要ですが、大事なのは底。

です。

床は、太陽の熱を吸収して暑くなっています。

せっかく高性能のクーラーボックスや保冷剤を使っても、効果が半減
とくに保冷剤はクーラーボックスの底に敷くので、床に直置きしていると、保冷剤の持続時間が短くなってしまいます。

スタンドか木の棒を2つ用意してそのうえに置いたりするなど、床との空気の層をつくりましょう。


キンキンに冷えた飲み物を最後まで楽しみたい人は

  • 保冷力のある保冷剤
  • 開閉は最小限
  • 直置き禁止

この3つのポイントを押さえましょう。
飲み物と食材を分けてクーラーボックスを使うのが一番保冷力が高くなりますが、ハードタイプのボックスにビニール製のボックスを入れる方法も効果的。

おススメのクーラーボックスはIGLOO社アメリカのブランドで、安くて大容量の割に保冷力が高い。コストパフォーマンスが良いです。

もう一つは、キャンプといえばコールマン。管理人Takaも愛用しています。
保冷力は抜群。
値段が高いですが、ただただオシャレです。

BBQでクーラーボックスが冷えてない。そんな状況になったとき時の裏技を紹介します。
それは、コンビニで密閉袋に入った氷パック

その袋ごとクーラーボックスへw

飲み物は、キンキンに冷えます!
溶けた氷の水は、ミネラルウォーターなので、そのまま「水」として飲めますし、調理にも

袋入り氷パックはどこのコンビニにも、200円位で買えます。

暑い夏、BBQに冷えた飲み物をキープするために、クーラーボックスの保冷力を高める3つのポイントを紹介しました(^^)

Sponsored Links

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  • Sponsored Links
PAGE TOP ↑