至急トイレのつまりは3つの原因!これで道具を使って安心

トイレのつまりの原因を知っていますか?
トイレがつまると本当に大変ですよね。

私もトイレが使えなくて、近所のコンビニまで歩いて行ったことがあります。

トイレは毎日絶対に必要なものだし、今すぐに直したいですよね。
でも、どうやって直せばいいの?

ラバーカップを使ってもうまく流れないときはどうすればいいの?
そもそもトイレのつまる原因は何?
今回はトイレのつまる原因や、その対処法をお伝えしていきます。

Sponsored Links

                                                        

トイレのつまりの原因3つ

トイレがつまってしまうのは大きく分けて3つあります!

 

トイレットペーパー以外のものを流したため

トイレットペーパー以外のものを流すと、水がうまく流れず詰まってしまいます。
最も多いのはティッシュペーパーです。

トイレットペーパーを切らしてしまったから代わりに使ってしまった・・・。
そんな人は多いと思いますが、 NGです。

なぜなら、ティッシュペーパーは水に溶けにくいからです。
水に溶けないと、うまく流れずに詰まりやすくなってしまうわけですね。

トイレットペーパーとテイッシュペーパー、似ていても性質は全然違うのです。
気をつけてくださいね。

また、当然ティッシュペーパー以外のものを流しても詰まりやすくなります。

 

トイレットペーパーの流しすぎ

トイレットペーパーを流しすぎて詰まってしまうこともよくあります。

お腹の調子が悪いときは、ついたくさん使ってしまいがちです。

でも、何回かに分けて流すなど、詰まらない工夫をしてくださいね。

また、小さいお子さんもトイレットペーパーをたくさん使ってしまいがちなので、気をつけて見てあげてくださいね。

 

節水をしたため

節水のためにタンクに水の入ったペットボトルを入れている人も多いですが、これも詰まりの原因になります。
流れる水の量が減ってしまうため、水に勢いが出なくて詰まってしまうのです。

節水も大事ですが、詰まってしまうと逆に余分なお金がかかるかもしれないので、節水しすぎないように気をつけてくださいね。

 

トイレがつまった!道具は何が必要

トイレが詰まったときに必要な道具は以下の5つになります。

 

ラバーカップ

私は「スッポン」と呼んでいますが、棒の先にお椀型の吸引機のついた道具です。
トイレの詰まりのときに重宝します。

 

火バサミ

奥に何かが詰まっているのが見えるとき、火バサミを使うと取りやすくなります。

 

バケツ

詰まったものや汚水をバケツの中に入れます。

 

手袋、マスク

汚水が手についたり、口に入ったりと不衛生なので着用を強くおすすめします。
手や口に汚水が付いてしまうと不愉快なのはもちろん、感染性胃腸炎の原因になることもあります。

感染性胃腸炎は私もなったことがありますが、2日くらいトイレから出られず、とても辛いです。
それを防止するためにも手袋とマスクを着用しましょう。

Sponsored Links

お湯を使った方法

お湯を使ってトイレの詰まりを解消する方法があります。
お湯は詰まったものをふやかして、流れやすくする効果があるのです。
やり方は次の通りです。

 

バケツを用意し、60度くらいのお湯を作る

まず、ヤカンいっぱいに熱湯を沸かし、バケツの中に入れます。

その後、同じ量の水を足すと、60度くらいのお湯ができます。
熱湯を入れてしまうと便器を傷つける恐れがあるので、NGです。

 

バケツに入ったお湯を便器の半分くらいまで入れる

このとき、少し勢いをつけると、より流れやすくなります。

 

フタをしめ、1時間放置

このときにお湯が詰まってしまったトイレットペーパーなどをふやかしてくれます。

 

再び流す

これで流れてくれたら問題解決です。

 

ラバーカップを使い方は


ラバーカップを使っても流れないと焦ってしまいますよね。
でも、ラバーカップの使い方が間違っているだけかもしれませんよ。
正しい使い方を確認していきましょう。

ポイントは一気に引くこと!

まず、ラバーカップを便器に密着させてゆっくりと押します。
カップが潰れたら一気に引きます。

勢いが大切です。
これを何回も繰り返します。

 


このように、引き方が必要です。

私はいつも、10回はやっています。
トイレが詰まった時は、ラバーカップをまず使い、それでもダメならお湯を使っています。

 

業者を呼ぶとどれくらいかかるの?

ラバーカップを使っても、お湯を流しても何をしてもトイレの詰まりがとれない!
そんなときは業者を呼ぶしかありません。

費用は2000円〜8000円と少し幅があります。

詰まり具合や交通費によって費用は前後しますが、10000円あれば大丈夫です。
ちなみに裏技もあります。

私の住んでいるアパートは、サービスで水回りのケアをしてくれます。
24時間いつでも駆けつけてくれて、費用はタダ!

私も何回かお世話になりました。
賃貸アパートに住んでいる人は、そのようなサービスが付いているかどうかチェックしてみてくださいね

Sponsored Links
 


・トイレットペーパーを流しすぎたり、それ以外のものを流すとトイレがつまる
・節水がつまりの原因になることもある
・トイレ詰まりに使う道具は、ラバーカップ、火バサミ、バケツ、手袋、マスク
・60度のお湯をトイレに入れて放置するとつまりがとれることもある
・ラバーカップは、便器にしっかりと密着させ、勢いよく押したり引いたりすると良い
・業者の費用は2000円〜8000円

トイレ詰まりを自分で解決する方法がいろいろあるのですね。
これで万が一トイレがつまっても安心です。
その前にトイレがつまる原因をしっかり頭に入れて、普段からトイレがつまらないよう気をつけてくださいね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Sponsored Links
PAGE TOP ↑