【意外】七夕にそうめんを食べる意味!盛り付け方も違うの?

七夕にはそうめん。その理由はご存知ですか?

当たり前に七夕の日の食卓にそうめんが出るご家庭もあると思いますが、その理由まではあまり知られていません。
七夕 そうめん
またこの風習には地域差があるようで、「そもそも『七夕にそうめん』なんて初めて聞いた!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私は友人から聞くまでそんな風習があるなんて知らなかったので、「何それ?」状態でした。
そのような方にとってはなぜ七夕にそうめんなのか、ますます不思議ですよね。

桃の節句ではひなあられ、端午の節句ではちまきといったように、「この日はこれを食べる」という行事食というものがあります。
七夕の行事食はそうめんとなっているのですが、なぜそうめんが選ばれているのでしょうか。
今回は七夕にそうめんを食べる理由を調べてみました。

Sponsored Links

                                                         

七夕にそうめんを食べる理由!実は…

そうめんは中国の「索餅(さくべい)」という小麦料理がルーツと言われています。

索という字には「縄をなう」という意味があり、索餅は縄のように編んだお菓子だったと考えられています。
この索餅が中国から伝来した時に伝わった風習が、七夕にそうめんを食べる元々の由来と言われています。

昔、7月7日に亡くなった帝の子が霊鬼神となり熱病をはやらせた。そこで、生前その子が好きだった索餅を供えて祀るようになった。

という言い伝えから、7月7日に索餅を供えて、一年の無病息災を祈る風習が生まれました。

索餅が中国から日本に伝来した際にこの風習も一緒に伝わり、時を経て索餅がそうめんに変化した結果、七夕にそうめんを食べるようになったと言われています。

他にも、細く流れるようなそうめんを天の川や織姫の織糸に見立ててそうめんを食べている、という説もあります。

 


友人から七夕にそうめんの話を聞いたときは、七夕=天の川=流れる=流しそうめん=七夕はそうめんを食べるという程度の習わしだと勝手に思っていたので、背景にこんな歴史があるとはかなり衝撃的でした!

七夕伝説のようなロマンチックな話とは真逆の、悪霊封じの為だったとは驚きです。

言い伝えなどから七夕にそうめんを食べることになったのはわかってきましたが、いつから続いている風習なのでしょうか。
調べてみると、ものすごく歴史のある風習であることがわかってきました!

Sponsored Links

七夕にそうめんを食べるようになったのはいつからなの?

索餅が日本に伝来したのは、奈良時代。

その後、平安時代に当たる927年に作られた「延喜式」という宮中の作法と儀式を記した法典に、「七夕にそうめんを供えること」と定められています。

 


つまり、「七夕にそうめん」という形は1000年以上も前から続いている風習なのです。

こんなにも古く歴史のある風習だったとは、驚きですね!

 

七夕に食べるそうめんの盛り付け方は?

七夕で食べるそうめん。

特別な日に食べるだけあってそうめんも普段とは違う特徴があります。
それは、そうめんの色。

七夕では白・黒・黄・赤・青の5色のそうめんを食べるとされています。
これには日本古来から伝わる「陰陽五行説」という考え方からきているとされています。

陰陽五行説とは、「木・火・土・金・水」の5つがこの世のすべての根源という説で、それぞれが色で表わされています。

この考えにならって、5色のそうめんが食べられるようになったと言われています。

七夕の歌の中で短冊が「5色の短冊」と歌われていることを考えると、納得ですね。
5色のそうめんの盛りつけ方も七夕にちなんで様々な工夫がされています。

夏野菜のトマトやキュウリを使ってカラフルに盛り付けて、見た目も鮮やかで楽しいものにしたり、ハムや薄焼き卵を星型に型抜きして七夕らしさを出したり。

盛り付け方にきまりはありませんので、カラフルな5色のそうめんをデコレーションする感覚で盛り付けも楽しんでみましょう。

行事食として七夕にそうめんとありましたが、実際食べる風習があるのは七夕祭りで有名な仙台や、そうめんの生産量が多い九州地方など、一部の地域だけのようです。
七夕の時に食べられる料理、他にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

七夕の食べ物他にはあるの?

行事ごとということでよく食べられているのはちらし寿司。
七夕 ちらしずし
とくに意味や由来はないそうですが、日本に古くから伝わる特別な日ということでちらし寿司を食べる家庭が多いそうです。
笹を飾ったり短冊を書いたりと、子どもと楽しむといった印象が強い七夕。

ちらし寿司も子どもと一緒に作ることで、より一層七夕を楽しく過ごすことができますね。

また、最近増えているのが七夕ゼリー。

「給食で七夕の日は必ず出ていた」という方も多いのではないでしょうか。
星型の飾りのついた七夕ゼリーを食べたという思い出から、七夕にはゼリーを食べると考えている方が増えているのでしょう。

七夕がちょうど夏本番を迎える7月ということもあって、さっぱり食べられるちらし寿司やゼリーが受け入れられたのではないかとも考えられます。

 


 

七夕とそうめん、古くから続く由緒正しい風習だったとは知らなかったので驚きでした。

特別なイベントの日でもある七夕。昔から食べているという方も、そうでない方も、今年は色つきそうめんで楽しく七夕の日を過ごしてみてはいかがですか。

Sponsored Links

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Sponsored Links
PAGE TOP ↑