私の辛いときの乗り越え方4つ!人間関係にうんざり

この仕事について3年、職場の元カレとか、先輩とか色々しんどい、辛いときの乗り越え方ってどうするの?

だれでも一度は人間関係で悩んだことあるはず。
友人や、職場、恋人とだって険悪ムードになることは避けられません。

 


ストレスによってうつになる人は結構多いですよね。

しかもストレスは人の免疫力も落としてしまい、風邪をひきやすくなったり、実年齢より老け込んでしまうこともあるんですよ!

 


今日は人間関係で辛いときの乗り越え方をご紹介します!

自分1人で思い悩んでいる人はぜひ読んでみてください!

Sponsored Links

辛いときの乗り越え方4つ


辛いときはついつい自分で抱え込んでしまいがちですよね。
とにかく気分を切り替えたいという気持ちになります。

 


ここでは、物理的な乗り越え方をご紹介します。

つまり、行動や環境などに働きかける方法です。

自分を変えたい気持ちを制御したいという場合は次の項で紹介するのでそちらをどうぞ。

 


悩んでいたり、辛いと思っていると頭でっかちになりがちですが、体を動かしてみたり、普段とは違う世界に触れてみると、以外と悩んでいたことも「どうでもいいや!」と思えたりしますよ。
考えすぎて疲れたときはやってみてください!

 


辛いときの乗り越え方4つ

・趣味に没頭する
・普段とは違うことにチャレンジする
・気持ちを吐き出せる人に相談する
・自分の将来について考えてみる

それぞれ、見ていきましょう。

 

趣味に没頭する

スケボーやサーフィン。

テレビゲームや、料理など、趣味を持っている人は、思いっきり趣味に没頭すると、しんどい気持ちが発散されるのでオススメです。

 


私も人間関係でしんどいときは、思いっきり料理してつよいお酒をカッ!
とのんで過ごしていました(笑)

 


それ以外に手先が器用だったのでネイルチップを作って友達に売ったりしていました。

「ネイリストになってもいいよね!」と現実逃避するとちょっと気分が落ち着きました。

 


しかし、趣味がない人もいると思います。

そういう人は普段やらないことにチャレンジしてみてください。

 

普段とは違うことにチャレンジする

一人旅や、留学、クラブに行ったり、勉強してみるのもいいと思います。

とにかく普段自分がいる世界とは違う世界に行ってみてください。

自分の世界に戻ってきたとき、悩んでいたことがちょっと小さく見えたりします。

 


少なくともずっと悩んでいることからは一時的でも解放されます。

私は以前、会社で女の先輩がうるさくて神経がまいったことがあります。

その時に、一人で東京に旅行に行ったことがあります。

 


目的は美容業者専門の卸売市場へ行くためです。

その時の仕事は事務だったのですが、とにかく自分の違う世界の違う社会に行きたくて、思いきっていってみました。

2万する美容器具が半額だったり、プロのエステティシャンの講義を間近で見てきたり、とにかく華やかで活気があって楽しい時間でした。

 


それ以降、「先輩の自慢とか愚痴とかさせといたらいい!」という気持ちになりました。

「こんな地味な女の、地味な人生にイライラしてたら私が損する。」ってちょっと上から目線で見るようになりました…(笑)

 


「自分が知ってる社会なんてほんの一部なんだ」と思うと、そこに固執するのが馬鹿馬鹿しくなった。
というのがその要因だと思います。

同じ場所で悩んでいるなら、一度違う場所に行ってみてください!

 

気持ちを吐き出せる人に相談する

次に、気持ちを吐き出せる人に相談する。
ですが、信頼できる人がいないという人もいると思います。

そういうときは迷わずカウンセラーに相談してみてください。

私の友人はノイローゼになってきたときに心療内科へ行っていました。

 


仲のいい友人でも、自分の性格的に弱い部分を見せられない。
という人は意外と多いと思います。

しかし、一度気持ちを整理するためにも、第三者の意見は大切です。

 


カウンセラーなら、情報が友人や同僚にバレることがないというのも安心です。

最近では悩みを相談できる電話もあるので、カウンセラーに見てもらうのに抵抗がある人でも気軽に相談できる環境になっていますよ。

 

自分の将来について考えてみる

そして最後の方法は、自分の将来について考えてみるです。

「やりたいこともなりたい仕事もないんですけど」

という人もいますが、別に夢や目標を持てというわけではなくざっくりでもいいので「5年後どうなってたいか」を考えてみてください。

 


現実的でなくてもいいです。

しかし、こうなりたいというビジョンが見えるか見えないかで、気持ちも結構変わります。

「IT企業のお金持ちイケメン社長と結婚してハワイ移住」
「作家デビューして印税で悠々自適」

 


でもいいです(笑)

「現実にか叶わないもの願ったって無駄だし、余計ヘコむわ!」
という人もいるかもしれません。

 


しかし、悩んでいる時って乗り越える方法より、この状況から逃げ出したいとか、しんどいという気持ちに時間をさいていたりしませんか?

逃げることやしんどい気持ちに時間をさく時間を、なりたい自分を考える時間に置き換えてみてください。

 


辛いときの乗り越え方を考えるのも必要な時間ですが、心が弱っているときほど解決策が思い浮かばないものです。

そういうときは、まず自分がどうしたいのか考えるのも必要だと思いますよ。

Sponsored Links

防衛機制をうまく使おう。抑圧で丸め込む

ここでは、自分自身をコントロールする方法を紹介します。

みなさんは精神分析に用いられる用語で防衛機制ってしってますか?

 


現実に叶いようがない欲求や不満に直面した時、自分の心を守るために人がとる行動を説明したものです。

抑圧は防衛機制の一つです。

 


例えば、片思いの相手にそっけない態度をとる。
虐待された子供がその過去を忘れる。
といったものが抑圧です。

意識的に「忘れよう」と自分の心に強く願ったり、「違うんだ」と思い込むことで抑圧の状態になります。

恋人との過去が忘れられない。

友人に裏切られた。

といった辛い過去があって、今も引きずっているいる人にはこの方法が効果的です。

 

考え方を変える転移

転移は不満に思っている人に対する感情を、違う人に置き換える方法です。

例えば、子供の頃父親に甘えたかったのにできなかったから、父親と同い年くらいの男性にひかれる。

職場のストレスを、恋人や友人にぶちまけるなどです。

 


つまり、不満を別の人で発散させる方法です。

これは下手すると公私共の人間関係が悪化しそうな手段なのですが、職場のストレスを恋人に甘えて発散させたりといった方法もあるので、交友関係が広い人や信頼できる人がいる人は試してみてください。

 

理論的にコントロールする知性化

知性化は、知識を並べ立て自分の感情と切り離すことです。

例えば、恋人ができなくて悩んでいる人が「仕事がいそがしくてそれどころじゃない。」
「価値観のあう人がいない」などと言って自分から恋人を探す努力をしていない。

 


職場の同僚とうまくいかない時、「仕事のしかたが違う」「俺は単独行動のほうが向いている」などと言って関係の改善しようとしない。

といったことです。
つまりもっともらしい論理を作って受け流す方法です。

 


意外と持っていると便利なスキルです。
職場では色んな人がいますしね。

相手が上司だったり、親だったりと、もめると面倒な相手や、これからも長く付き合わなければならない相手には、この方法が有効です。

 

他のことでストレス発散する代償

代償は違うことで不満を発散する方法です。

例えば、成績がわるい子供が、スポーツを頑張る。

人間関係でストレスを感じている人がキックボクシングにハマる。
などです。

 


最初の項で説明した趣味に没頭すると同じ方法です。
自分の力では変えようがない過去の出来事を断ち切りたい人はこの方法がオススメです。

 


 


私も昔は結構人間関係で悩むタイプでした。

ある時、「人間関係休もう!」
という気持ちになって、一匹狼になったことがあります(笑)

好きな時に好きな所へ。

 


友人も、家族も、恋人も、連絡はメールだけ!
電話も極力しない!

仕事はするけど、人間関係は極力受け流す!

 


ということを1年から2年ほどしました。

恋人とは別れましたが、友人は今もつながっている子は何人かいます。

家族はかなり心配していましたが、今も仲良し家族です。

 


一人になったことで、自分の価値観や個性を理解できたし、つながりの大切さや本当に大切したい人の存在に気づけたと思います。

人はひとりで生きていけないけど、自分が主役じゃないとツライ!

 


ツライ時は色んな方法を試してみたり、いっそのこと環境を変えてみるのもひとつの手段ですよ!

人生長いようであっというまです!

なんでもいいから人間関係をどうにかしたいという人は、この記事を参考にしてみてくださいね!

Sponsored Links

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  • Sponsored Links
PAGE TOP ↑