蜂にご注意!刺された時の対処法は?

子どもの頃、外で遊んでたら“いたっ”と思って手を見ると蜂に刺された!?

「おしっこかけとき」とおじさんに言われ言われるままかけてましたw(^^;

実はこの対処やってはいけない対処。 

え、そうなの?と思った方もおおいのでは?

「蜂の毒は酸性なのでアルカリ性のオシッコをかければいいでしょ」っていう迷信でした。

本当はどう対処すればいいの?

この時期、登山や野外で遊ぶことが多く、どんなに気をつけていても、蜂に刺されてしまうことは起こりえます。 

なので、対処方法を紹介しますね。

蜂に刺さされた!最初の対処は?


蜂が活発に活動するのは、ほとんどが月~10月の3ヶ月間。
なかでも9月は巣が大きくなり、ハチの活動も活発なため注意が必要です。

  • その場を離れる
  • 外で刺された場合、近くに蜂の巣がある可能性があります。その場にいると、他の蜂に襲われる可能性があるので、ゆ~っくりその場を離れます。

    蜂の毒は警報フェロモンを発して、仲間に「ここに敵がいるから集まれ!!」と知らせるはたらきがあり、他の蜂が集まってしまう危険性があります。

    このときパニックになって走って逃げると、蜂を刺激してしまい逆効果になるのでゆ~っくりその場を離れましょう。

  • 刺された部分をチェック
  • ミツバチに刺された場合、刺された部分に針が残っている場合があります。

    そのまま手で引き抜いてしまうと針についている毒液を圧迫して、注入してしまう恐れがあるので、ピンセットなければ、硬いカードなどを使って払いのけるように取り除きましょう。

  • 毒を洗い流す
  • 流水で刺された部分を洗い流します。

    ×口で吸い出してはいけません
     口の中に蜂の毒が入ってくることがあるためです。

  • 毒を出す
  • 専用の吸引器(ポイズンリムーバー)を使いましょう。野外によく行く人は備えておくといいでしょう

  • 冷やして薬を塗る
  • 薬があれば塗ってください。冷やすことで毒の吸収を遅らせることができます。

    よく「オシッコをかければ大丈夫」と聞いたこともある人もいるのでは?
    自分もそう思っていましたが、俗説です。
    オシッコの雑菌が傷口を感染することもあるので、やめましょう。

  • 医療機関へ

あくまで応急処置なので、できるだけ医療機関を受診することをお勧めします。
受診する科は皮膚科が適切です。皮膚科が休みのときは、救急センターでも大丈夫

後、どのタイプの蜂に刺されたかを、伝えれば対応もスムーズになります。

どんな蜂がいるの?

・ミツバチ
 ミツバチに刺された場合、刺された部分に針が残っている場合があります。
ミツバチの毒は警報フェロモンを発して、仲間に「ここに敵がいるから集まれ!!」と知らせるはたらきがあるので刺されたら、その場をゆっくり離れましょう。

・アシナガバチ
 毒はスズメバチに比べれば弱いが、ショック症状(アナフェラキシー)により死亡することもあるので、過去に刺されたことがある人は要注意。

また刺された時の痛さではスズメバチよりも強いとも言われています。

・スズメバチ
入山中に刺されて死亡したというニュースを聞いた方もいるのでは?
強烈な毒を持つものが多く他者への攻撃性も高い、非常に危険な蜂です。

スズメバチは、攻撃に入る前には威嚇行動をします!
あごをカチカチとならし、人にまとわりつくように飛び回ります。
 」に注意しましょう!

アナフィラキシーショックって?

ニュースでもよく聞くこの症状。実際どんな症状なの?

本来体には外敵から身を守る機能が備わっていますが、極めて短い時間で体の免疫が全身に過敏に反応する状態です。

蜂に刺されると、かゆみや刺された部分が赤くなる(発赤)のような皮膚の症状や、嘔吐や寒気などの症状を起こすことがあります。

どんな症状?

  • 全身にじんましんがでる。
  • 咽頭、気道が閉塞によって呼吸ができなくなる。
  • 顔面が真っ白。
  • 脈が速くなる。
  • 吐き気・気分が悪くなる。
  • 血圧が急に低下し、意識が低下する。



※小児は軽症ですみますが、18歳以上になると重症になるケースが多いようです。

今まで蜂に刺されたことがあり、じんましん、くしゃみ、鼻づまり、胸のしめつけ、などの症状がある方は注意しましょう

蜂に襲われないようにするために

078298

  • 巣に近づかない
  • 巣に近づくと蜂は巣を守ろうと攻撃してくるので巣に近づかないようにする。

  • 慌てない
  • 蜂にあった場合、手ではらったり、パニックになって走って逃げないように、ゆ~っくり離れましょう。

  • 黒い服装をやめる

スズメバチは頭部など色が黒い部分を襲う傾向があり、黒っぽい服装をしていると襲われる可能性が高くなります。

 蜂はこちらから危害を加えない限り襲ってくることはすくないですが、どんなに気をつけていても、蜂に刺されてしまうことは起こりえます。

絶対刺されたくないですがw

もし蜂に刺されてしまったら、その場を離れ、刺された部分をチェックし適切な対処を行い、できる限り医療機関を受診しましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  • Sponsored Links
PAGE TOP ↑