地元が教える高知よさこい祭り2016!日程と見どころをこっそり教えます!

高知と言えば
坂本竜馬とカツオのたたきとよさこい祭り!

今年の夏は高知のよさこい祭りの熱い熱気を感じましょう!

 

  • 開催はいつ?
  • 見どころはあるの?
  • 混んでる所は行きたくない!

そんな疑問に地元に住んでる私がお答えします。

本場のよさこい祭りに行くしかない!

Sponsored Links
                                                      

2016高知よさこい祭りの日程はいつ?

今年のよさこい祭りは8月9日夕方から8月12日の夜までです。

最初の日と最後の日は受賞チームが踊ります。

 

8月9日(前夜祭)

この日の夕方に高知中央公園で県知事や市長らによって開会式が行われ、昨年賞を受賞したチームが踊りを披露します。

どのチームも華やかで規律が整っているので見応えがあります。

以下はよさこい祭り公式webサイトに発表されているスケジュールです。

スケジュール

16:30~祈願祭(中央公園)
1.神事(玉串奉典)

2.関係者挨拶
よさこい祭振興会会長、高知県知事、高知市長

3.よさこい大賞カップ返還 

4.踊り子隊優秀旗返還

17:30~22:00予定前夜祭(中央公園)   
昨年のよさこい祭りの受賞チームが、ステージ上で個性豊かな踊りを披露します。
※参加資格 第62回本番受賞チーム

19:30~21:00予定花火大会(鏡川河畔)

※お問い合わせ/高知市観光協会 Tel.088-823-4016

※荒天の場合は8/13(土)に順延

 


各チームがステージに上がって踊るので全体の一体感を感じる事が出来ます。

その年によっては高知にゆかりのある有名人も一緒に踊る事があるので必見です。

そしてこの日に高知市の花火大会が開催され、高知の夜がお祭りムード一色になります。

よさこい祭りの幕開けですね。

 

8月10日・11日(本祭)

10日の午前11時から夜の9時半まで大小様々なよさこいチームが各商店街内に出来た演舞場16か所で踊り歩きます。

演舞場の地図はこちらから
よさこい祭り公式ウェブサイト

去年のよさこい祭りでは16か所の演舞場におよそ200近いチームが踊り、高知の夏を華やかに彩りました。

 


お年寄りのチームから幼稚園のチーム、ノリのいい若者のチームなど、多種多様なチームを見る事が出来るのでよさこい祭りの醍醐味を味わうことが出来る2日間です。

 

8月12日全国大会(後夜祭)

今年賞を受賞したチームと県外からエントリーしたチームと全国大会が開催されます。

去年の動画を見つけたので載せておきますね。

高知市で大きい演舞場3か所と高知城前の特設ステージの合計4か所で踊り、踊りの競演が午後12時45分から夜9時半頃まで続きます。

その後受賞チームが表彰され、大賞カップと踊り子隊優秀旗を貰い、よさこい祭りは閉幕します。

Sponsored Links

よさこい祭りアクセス方法は?

路面電車 アクセス
よさこい祭りは交通機関を使いましょう。

演舞場は道路を封鎖して作られます。

つまり本祭の当日は市内の商店街のほとんどが通行止めになるので、車で演舞場へは行けません。当日は路面電車で移動しましょう。

 


私も路面電車で移動していました。

バスだとどうしても渋滞にはまってしまう事がありますし、タクシーも同じ理由です。

電車の場合商店街の前に停留所があるので、電車を降りたらすぐ演舞場で移動も楽です。

高知市中心街であれば各商店街も比較的近くにあるので歩いて移動も可能です。

おびやまちアーケードに飽きたら、歩いて愛宕商店街へ行ったりしていましたよ。

 

よさこい祭り見どころと混雑状況は?

よさこい祭りの見どころは夕方から夜にかけてです。また中心街は本祭当日大渋滞で車移動はほぼ無理です。

見どころは夕方から夜

よさこい祭りは「夜さ来い」と言い換えられることもあるんです。

夏の昼間の炎天下の中始まるよさこい祭り

踊り子達は最後まで踊りきれるように体力を温存しながら踊ります。

そして終わりが近づく夕方から夜にかけてラストスパートをかけて思いっきり踊ります。

 


特に夜8時以降は最後の踊りを他のチームや関係者も入り乱れて踊ります

私も踊り子として参加したことがあるのですが、クラブやライブコンサートのような雰囲気になってみんなで踊ります。

9時半以降は騒がない規則があるのでその後チームは解散しますが、興奮度が高いまま翌日また踊り明かすんです。

 


疲れているけど楽しい2日間です。

チームによっては観客と触れ合えるような踊りを組み込んでいるチームもあるので、見ている人も楽しめるお祭りです。

 

移動は路面電車が一番おすすめ!

本祭の2日間は電車と徒歩で問題なく見る事が出来ます。

商店街の主要道路を封鎖して演舞場を作るので、中心街の道路はほぼ通行止めになります。

そのうえ踊り子を乗せたバスや地方車が中心街を行き来するので、道路は大変混雑します。

 


バスやタクシーの利用は避けて路面電車を利用した方が商店街に早く行けます。

また路面電車はだいたい商店街の前に停留所がある事が多いので、降りたらすぐ演舞場という便利さもあります。

そして演舞場は比較的近くにあるんです。

私は帯屋町のアーケードが見飽きたら、愛宕商店街や桝形商店街まで歩いて見に行っていましたよ。

帯屋町演舞場は距離が長いので見応えがあるんですが、愛宕や桝形の演舞場は比較的距離が短く、踊り子の回転が速くて沢山のチームが見えます。

しかも踊り子と距離が近いのがおススメの理由

友達のいるチームは小さい演舞場で見ていました。

 

よさこい祭りの有料席って?

追手筋演舞場にはよさこいを間近で体感できる有料席があります。

立ち見で見る事が多いよさこい祭りですが、追手筋演舞場は、

指定席 1800円
自由席 1300円



で販売されています。

追手筋演舞場は道路4車線を使って設置されているので、踊り子が広々と踊ることが出来、チームが統一感持ちながらとダイナミックな踊りを披露します。

道路脇に有料席が設置されていて、踊りを日よけのシートが張られた席の下で座りながら見る事が出来ます。

 


 


よさこい祭は高知県民の生きがいです。

よさこいがあるから高知県から離れたくない!という人も多いです。

中には根強いファンを持つチームもいて県内外や世界に招待されて踊りを披露したり、追っかけがいたりするチームもいます。

まだ見たことないという人は是非お越し下さい!

Sponsored Links

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  • Sponsored Links
PAGE TOP ↑