地元が教える伊勢神宮奉納花火大会2016!駐車場や穴場はココ

伊勢神宮で有名な三重県伊勢志摩を代表するお祭りイベントのひとつ

『神宮奉納花火大会』

これは全国でも珍しい競技花火というもので、全国の花火師が腕を競い合い、審査員に採点されます。

昨年の優勝した花火の動画を見つけたので載せておきますね。

特に連発で打ち上げられるスターマインの音と光の大迫力は感動です。

これを見るために市内外だけでなく、県外や海外からも観光客が集まるそうですよ。

全国的にはまだまだマイナーですが、伊勢志摩サミット開催で注目される今、ぜひとも知ってほしいイベントです。

しかし地元を代表する人気イベントだけに、観覧には悩みも多かったり……。

  • 今年初めて観覧する予定なんだけど、どうすれば一番スマートに見られる?
  • 毎年見に行ってるけど、なかなか良い場所が取れない
  • 車で行く場合、駐車場はあるの?
  • 電車で行く場合の最寄り駅は?徒歩で何分?
  • 有料観覧席があるらしいけどお値段は?チケットの買い方は?

そんなギモンに、伊勢市在住の私が思わぬ穴場スポットや駐車場、有料席の情報をコッソリ紹介しちゃいます!

Sponsored Links

                                                         

伊勢神宮奉納花火大会2016の日程は?

日時:平成28年7月16日(土曜日) 
午後7時20分~午後9時15分

※大雨・強風・増水等の理由で中止の場合、9月10日(土曜日)または11日(日曜日)に延期。

会場:三重県伊勢市 宮川河畔(度会橋上流)


度会橋は三重県道37号鳥羽松阪線(旧国道23号線)にある伊勢市を代表する橋です。

開始は午後7:20~ですが、有料・無料観覧席に人が集まり始めるのは、なんと午後3~4時からという早さ!

午後5時半~6時には既に集まった人の熱気で、大会への期待に心躍りますね。

 


特に無料観覧席で場所取りをするなら、かなり早い時間から行動するのがオススメ!

ビニールシートを広げて観覧できる場所は、早朝から場所取りをされている念の入りよう。

立ち見でも、良い場所はやはり人が多く、身長に自信がないと難しいですね。

 


さらに河川敷を埋め尽くす千本近い桜の木は、花見の時期には圧巻ですが、花火の時には視界を遮る思わぬ敵に……。

でも場所取りに失敗してもめげないでください!

会場には、おいしい食べ物や、ミニゲームなどの屋台もたくさん出ていますよ。

そちらを目的に楽しむのも、この花火大会の楽しみの一つだったりします。

 

伊勢神宮奉納花火大会の駐車場は?

公式に用意されている駐車場はコチラ。

  • 河川敷臨時駐車場 約450台
  • 南部自動車学校(伊勢市小俣町元町1648-10)の向かいを河川敷に降りたところ。
    会場まで徒歩約15分。

  • 城田中学校グラウンド 約230台
  • 伊勢市粟野町777。
    会場まで徒歩約20分。

  • 早修小学校グラウンド 約160台
  • 市民武道館(伊勢市常磐3-8-9)が駐車場入口側に近い住所です。
    会場まで徒歩約20分。

  • 中島小学校グラウンド 約160台
  • 伊勢市二俣1-2-17。
    会場まで徒歩約15分

  • 太平洋セメント駐車場 約100台
  • 伊勢市小俣町宮前1。会場まで徒歩約15分

  • 宮前公園駐車場 約50台
  • 伊勢市小俣町宮前432。
    会場まで徒歩約20分

  • 宮川橋西駐車場 約60台
  • 伊勢市小俣町宮前23-1。
    会場まで徒歩約15分。

 

注意
・臨時駐車場の開場は午後3時から
 開場前に駐車場付近に並ぶことは、交通障害になりますのでご遠慮ください。
・駐車代金は一台につき一律1,000円で、再入場はできません。

その他、花火大会当日になると私有地で駐車場を貸し出している地元住民が居ます。

非公式なものなので、台数や金額などの詳細は不明ですが、どうしても見つからない場合、割高でも構わないなら利用して良いかもしれませんね。

 


くれぐれも路上駐車などはしないようにご注意!

「花火大会だから仕方ない」と寛大な近隣住民だけではありません。

花火を楽しみに来たのに駐禁を取られてしまってはテンションも下がってしまいますよね。

特に会場近辺は、警察の見回りも多いで駐車場に停めるようにしましょう。

Sponsored Links

電車でのアクセス方法は?

電車 人ごみ

  • JR参宮線「山田上口駅」から徒歩約15分
  • 近鉄山田線「宮町駅」から徒歩約20分
  • JR参宮線・近鉄山田線「伊勢市駅」から徒歩約30分
  • 近鉄山田線「宇治山田駅」から徒歩約35分

 

なお伊勢市駅と宇治山田駅からは、午後5時からシャトルバスが運行予定です。

バスが混み合っている場合、特に大会終了後のお帰りの際はシャトルバスよりも歩くほうが早いこともあります。

 


大阪方面から日帰りで来る場合、大会終了まで観覧していると、最終電車を逃す事があるので注意してください。

さらに残念なことに伊勢市はまだまだ公共交通機関が、かなり不便な地域です。

バスなどはあてにせず、徒歩で行く覚悟で臨んだほうが良いかもしれません。

ファッション重視よりも、歩きやすい服装や靴を選びましょう。

 


お帰りの時間に合わせ、臨時列車が運行します(JR・近鉄電車)。

臨時列車を含め電車時刻表につきましては、詳細がわかり次第公式サイトで発表されます。

 

地元民しか知らない絶景観覧ポイント神セブン!

ここから地元の私がおススメポイントを紹介していきますよ!

 

超ド級マイナーな観覧ポイントベスト3

第一位:徳川台公園と宮川中学校周辺(二俣四丁目5-3)

打上会場から東出石油横のトンネルをくぐって、スーパーぎゅーとら前の坂道を上がった先です。
三重交通バス『宮川中学校』前停留所。

この近辺は打上場所から高台にあるため、どこからでも花火が見えます。

 


多少マンションや住宅に視界を遮られる部分はありますが、夜道を歩きながら、自分だけのベストスポット探しが楽しいです。

更にその奥、宮川中学校の生徒か近隣住民しか知らないであろう、超マイナーな小公園があります。

場所は宮川中学校前を進んだ先の、二又に分かれた道を向かって左(ぶどう園側)の坂を上った所にあります。

昔はもっと真正面で見れたのですが、打上場所がやや左に移動してしまったので残念。

 

第二位:宇治山田高校周辺(浦口三丁目13)

高台にあり見晴らしの良い場所です。

当日はグラウンドが駐車場になっている早修小学校のすぐ側。

会場へもトンネルを抜けて徒歩10分程度の距離。

スーパーぎゅーとらも近く、飲み物やお菓子が買えます。

 

第三位:ミタス伊勢(船江一丁目471番地1)

ホームセンター&スーパーバロー、TSUTAYA、セリアなどがあるショッピングセンターです。

2015年の花火大会当日、たまたまレンタルDVDの返却に訪れた時に発見。

こんな場所から見られるなんて、意外な穴場を見つけた気がします。

駐車場で花火を見ている人が結構居ました。

 

恋人や家族と過ごすなら意外な穴場4つ

伊勢志摩スカイライン

伊勢と鳥羽を結ぶ朝熊山の有料道路です。

通行料:自動二輪車¥880円。
    軽・小型・普通車¥1,250円。

山頂には展望台レストランと金剛證寺があります。

おそらく伊勢市で一番高台になるので、見晴らしの良さは格別!

打上会場からは遠いものの、伊勢市の夜景と合わせて絶景ポイント間違いなし!

 

大仏山公園

会場より北に少々離れてはいますが、子供連れに最適!

広い芝生広場があり、走り回ったり大声を出しても、周りの迷惑になりません。

 

うなぎの川福

打ち上げ場所に一番近いところにある料理旅館。

会場までに遮る建物がないため、花火を十分楽しめます。

駐車場(大型車両可):16台。

料金:神宮奉納花火大会7月¥8,600円。
住所:三重県伊勢市辻久留2-10-2
予約方法: 電話かFAXでのみ予約を受け付けています。メール不可。
0596-28-7924(共通)

 

LE BAMBOCHE(ル・バンボッシュ)

うなぎの川福さん隣のフランス料理店。

素敵なディナーをいただきながら、花火なんてロマンチックですね。

駐車場:20台。
料金:ディナー¥3,600~12,000円。
住所:三重県伊勢市辻久留2-10-3
電話:0596-26-1040

 

綺麗に見るならやっぱり有料席

有料観覧席の販売は、市内先行販売と一般販売を5月下旬より行うそうです。
チケットぴあやコンビニ、WEBでも販売される予定です。

ここから場所を確認できます

  • A席(右岸・6人用指定席)15,000円/1マス(6人用)
  • B席(右岸・6人用指定席)15,000円/1マス(6人用)
  • C席(左岸・6人用指定席)15,000円/1マス(6人用)
  • E席(左岸・4人用指定席)10,000円/1マス(4人用)
  • P席(右岸・2人用指定席) 6,000円/1マス(2人用)
  • G席(左岸・個人自由席) 1,500円/1人

 

※ペットの入場はできません(盲導犬等は除く)。
※各席にブルーシートをご用意してありますが、座布団を持っていきましょう

詳しくは、伊勢市役所観光振興課にお問い合わせください。
電話番号/0596-21-5566
FAX/0596-21-5522
E-mail/ kanko-sinko@city.ise.mie.jp

なかなか高額なイメージの観覧席ですが、実際に有料席を利用した方に話を聞くと、無料観覧エリアとは比べ物にならないほど大迫力だそうです。

自分の頭上で花開く音と光の競演。

 

飛び散る火花の熱ささえ感じられる距離だといいます。

お金を払って見るだけの価値はありますので、決して損ではありません。

 


特に県外・市外から初めて観覧に来る場合、地元の地理に詳しくない人は、有料席をオススメします

伊勢市は山や坂などの高低差が多く、穴場スポットを自力で見つけるのは至難の技

場所取りの苦労もなく、ゆっくり安心して見たいなら、やっぱり有料席が一番!

 


 

熱気あふれる会場で屋台の食べ物をつまみながら楽しむもよし。

ひっそり夜のお散歩をしながら自分だけの絶景ポイントを捜し歩くもよし。

人それぞれ楽しみ方がある花火大会。

 


一番の裏技は、花火が見られる場所に家を持つ友人・知人を作ることかも?!

条件の良い場所に住んでる人は、庭でバーベキューしながら花火を見ていますよ。

私も花火の写真を撮る為に一眼レフを持って歩いていたら、近所のおじいちゃんと意気投合して、炭焼きのお肉やソーセージをご馳走になったことがありました。

 


供の頃は、近所の友達と絶景スポット探しと称して、空き家の屋根や鉄塔の上、夜の山などに入って叱られたものです。

今ではそんな無茶のできない年頃になってしまいましたが、毎年のように見続けてきた愛すべき風景です。

あの幻想的に花火の輝く夜空を、地面が震えるほどの爆音を、まだ知らない人にも楽しんでいただきたいなと思っています。

Sponsored Links

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  • Sponsored Links
PAGE TOP ↑