ガムテープのはがし方!ガラスなら押さえる4つのポイント!

中学生の頃台風の時、窓ガラスが割れないように爺ちゃんがガムテープを×の時に張り付けてました。

紙ガムテープを張っていたので、はがしたときにガラス一面にガムテープの跡が…。

そこで爺ちゃんの一言

後やっといて

「え?」

始めてみたはいいものの、はがれそうと思ったら途中でちぎれてしまったり、きれいにならずかなり時間がかかりました。
そんなめんどくさいガムテープのはがし方!ガラスなら押さえる4つのポイントを紹介します。

Sponsored Links

ガムテープをはがすのに準備するもの

がっちり窓ガラスに粘着してしまったガムテープこれをいかにはがしていくか。

指ではがしていってもなかなか取れないもの。
少しとれたと思ったら、すぐちぎれてしまいます。

きれいにとっていくために、まずは必要なものを集めていきましょう。

準備するもの
  • ドライヤー
  • 除光液(シールはがし、ライターオイル、もしくは石油。)
  • カッターの刃もしくは、スクレーパー
  • メラニンスポンジ (最後の仕上げ)
  • タオル

まずはこれだけあれば大丈夫。

これで頑固なガムテープをはがすことができますよ。
では見ていきましょう。

ガムテープのはがし方、ガラスのポイントは4つ

準備は整いましたか?
ではガムテープをはがしていくための手順はこの4つです。

  1. 暖める
  2. 除光液を含ませる
  3. ガムテープを削り取る
  4. 仕上げ

ではガムテープをはがしていくのに4つの手順をそれぞれくわしく説明していきますね。

1.暖める

窓にがっちりついてしまったガムテープ
まずは暖めて粘着部分をはがれやすくする必要があります。
ドライヤーで暖める
ドライヤーを温風にセットし10cm程度離して、ガムテープを温めます。

時間にして、大体30秒くらいで大丈夫。

2.除光液を含ませる

カット綿に除光液を含ませるか、シールはがしを直接スプレーして、端の部分から徐々に染み込ませていきます。
除光液をしみこませる

これをすることで、粘着剤の粘着力が弱くなりはがれやすくなります。

手が荒れやすい人はゴム手袋をはめましょう。

換気を良くして、溶剤を吸い込まないように気を付けてくださいね。

Sponsored Links

3.ガムテープを削り取ります。

カッターナイフでガムテープを取っていきましょう。
ガラスが傷つく恐れがあるので慎重に!
カッターナイフ
カッターナイフの替刃を使ってやると、作業がしやすくなりますよ。
できるだけ新品のものを使うようにしましょう。

使っているものは刃こぼれによりガラスを傷つける可能性もあります。
使用するときは刃物なので十分に注意して下さい。

ここでのポイントは、刃を寝かせるようにとるとガラスを傷つけずに取ることができます。

カッターナイフ 角度

上の図のように、ガラス面に対して鋭角にカッターナイフの刃を当てるようにしてとるようにしましょう。

4.仕上げ

メラニンスポンジを水につけてガラスをこするだけ。
メラニンスポンジ 仕上げ
余計な粘着部分を取ってしまいましょう。
後はタオルでから拭きして終了です。

ガムテープの粘着剤だけが残っている場合

テープがはがれているけど、粘着剤だけこびりついている場合もありますよね。
粘着剤 残り
そんな時は、消しゴムを使ってみてください。

比較的新しいものだとこの方法でとることができますよ。

時間がたってしまっているものは、除光液やシールはがしを使ってとるようにしましょう。


いかがでしたか?

ガムテープのはがし方!ガラスなら押さえる4つのポイントを紹介しました。
4つのポイントは

準備するもの
  • ドライヤー
  • 除光液(シールはがし、ライターオイル、もしくは石油。)
  • カッターの刃もしくは、スクレーパー
  • メラニンスポンジ (最後の仕上げ)
  • タオル

張ってから時間がかなり経過しているものだと、頑固で結構大変です。

ガラスにガムテープを張ってしまったらすぐに、はがすようにしましょう。

Sponsored Links

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  • Sponsored Links
PAGE TOP ↑